アンダラについてはコスミックハート様の記事をお読みくださいませ

コスミックハート様より許可を得て少し転載しています。

レディー・ネリーのお話

<以下はMickey Magic氏より直に許可を得て、新たに翻訳したものです。>
アンダラ・ヒーリング・クリスタルが最初に見つかったのは、1967年2月のことでした。
北米、シエラネバダ山脈のふもとに住む(当時)97歳になるチョクタウ族のメディスンウーマン、
レディ・ネリーがたった一つだけ見つけたのです。
それから十年ほどたって、アリー・キースという霊能者ヒーラーが、レメディー(薬)の事で
レディーネリーのところを訪れました。
ネリーの持っていたアンダラ・クリスタルを目にしたアリーはとても興奮しました。
このクリスタルだわ! ずっこのクリスタルのビジョンを見せられていたのよ!
と彼女はネリーに言いました。
そしてほかの、特に緑の石は?とネリーに聞きました。
ネリーは自分の土地 (約1200エーカー) で見つけたのはこれだけだと言いました。
アリーはもっとたくさん見つけて欲しい、そうしたら全部を買い取りたいからとネリーに伝えました。
そんなわけで家に戻ったネリーは孫たちとアンダラ・クリスタルを探し始めました
(もっともその時にはアンダラという名前もついていなかったのですが)。

 かなり長い間探しても一つも見つけることができないまま、彼らは家に戻りました。
その報告を受けたアリーはかなり憤慨し、そんなはずはないから、もう一度戻って探してみてくださいよ!
と言ったのですが、今度はネリーの方が怒ってしまい、自分の土地のことは自分がよく知っているし、
そこにはそんなクリスタルは一つも無いわよ!と主張しました。

そしてお互いが冷静になった後で、アリーはもう一度探しに行くよう、ネリーを説き伏せました。
今度は、ユニコーンが遊びながらお互いの角を擦りあった時に出た粉だという白い粉を探すようにと、
ネリーに言ったのです。
ネリーは実はこの白い粉の事を知っていました。
前に何度も自分の土地で見たことがあったからです。
そこでネリーは孫たちと一緒に、今度はその白い粉を見かけた場所へ行ってみたのです。

 そして石塊の周りの泥土をとって洗ってみると、これまで見たことのないような実に美しい
クリスタルが現われたのです!
 見た目はガラスのようですが、火山性のオブシディアン(黒曜石)にも似ていました。
いろいろな美しい色の石があり、それぞれにさらにさまざまな色合いのものがありました。
ネリーと子ども達はできる限り沢山集めると、全部で900ポンド(約408kg)にもなりました。
家に戻ってアリーに電話をすると、アリーはとても興奮して大喜びしました。
ネリーは全部で約900ポンドだと言いました。
アリーはにっこり微笑んで「この惑星の人々は、このクリスタルという贈り物を受け取る準備が
できたのだわ、きっと地球はすぐにもっと用意してくれるでしょう」と言いました。

 そうしてひと月ほどたった頃、その通りに地震が起きて山の斜面が崩れ落ち、
数トンの美しいクリスタルが現れました。アリーに連絡してその素晴らしい知らせを話すと、
アリーは「できるだけ拾い集めてくださいね。いつか地球はそのタネ(クリスタル)
を取り戻すでしょうから」と言いました。

80年代の終わりにはまた別の地震が起こって山が崩れてしまい、クリスタルの大半がまた何トンもの
岩や土に覆われてしまいました。
その後10年間というもの、ネリーは家族らと埋もれなかったクリスタルを拾い集めました。
90年代後半になるとその数もほぼ尽きて、小さいクリスタルがたまにあちこちでごく少しだけ発見される程度になりました。

2001年の初春、ネリーの土地の隣に住む二人の十代の少年達が、彼女の土地で薪集めをしていると、
人目につきにくい場所でクリスタルの固まりをいくつか見つけました。
それを知らされたネリーは、見つけられる限り全部集めてくれたら報酬を払うからと言って
少年たちを家に連れてきました。
こうして今、シエラネバダのレディ・ネリーによって、こうした大変希少で貴重な素晴らしい
クリスタルが復活することになったのです。

 ネリーの要請により、このクリスタルは何年もかけて地球の四隅へと配られていきました。
ネイティブ・アメリカン、精神的指導者、先生ら、ヒーラー、シャーマン、そして今癒しを必要と
するたくさんの人々が、これらの驚くべきクリスタルを所有しています。

 この惑星上で知られるもうひとつのアンダラ・クリスタルの産地は南アフリカです。 
(美保子注:ダイヤモンド鉱山と同じ場所であるため、固く護衛されていて、門外不出の状態
のようです。その後、アンダラ・クリスタルはある地質学者がインドネシアで調査をしているときに、
インドネシアでも見つかることになりました!)


アンダラとは?

すべては、カリフォルニア北部、地球のパワフルなボルテックスのひとつであるシャスタ山の
ふもとにて、ネリーが火山性のマグマのような石、クリスタルを見つけたことから始まりました。
そのクリスタルの傍には必ず白い粉が見られました。
一説によれば、この白い粉は約20万年前に隕石が落ちて内破した名残りだと信じられています。
あるチャネリング情報では、これはいにしえの昔に次元間の内破が起こった時のもので、
その事象が白い粉、いわゆるエセリウムを生み出すことになったといいます。
その2千年後にレムリアの巨大な寺院がこの土地に出現し、その寺院の名前がアンダラという
名前だったそうです。その意味は「光の街」(City of Light ) だそうです。

 このエセリウムの粉は、ある著名なチャネラーによれば、これまでの理解を越える特質を持ち、
人間のバイブレーションを上げ、大宇宙の波動との調和をもたらしてくれるものだそうです。
そして究極の意識状態を求める者に、静寂さと平穏を与えてくれるといいます。

   インドネシアン・アンダラ・クリスタルは、地質学者が調査をしているときに発見されたそうです。
この貴重なクリスタルは光のスペクトラムを鮮やかな虹色のスペクトラムに分ける並はずれた能力を
もっています。
インドネシアンアンダラは、とてつもない輝きを持ち、石の中から周囲に放たれるようなゴールド
がかった筋状の帯のようなものが入っていたり、また細かいガス状の泡、バブルが見られることが
特徴です。
こうした美しいインクルージョンは、そのオリジン(起源)の産地のサイン入りといった意味で、
アンダラの価値を上げるものです。
陽気なグリーン色から半透明なターコイズ色、太平洋を海にも似た色、インドネシアンアンダラの
写真を撮ると、美しいゴールド色のオーブ(玉ゆら)が出たりします。

シエラネバダ産もインドネシア産も、そのエネルギーは実に魅惑的で、思わずうっとりしてしまいます。
私は南アフリカ産のものは見たこともありません。
ダイヤモンド鉱山と同じ場所にあるため、固くガードされており、門外不出の状態とのことです。
私の持っているアンダラはネリーランドのもの、そしてインドネシア産のものです。

   
  アンダラの効果

    全般的に、アンダラの特質はハートにはたらきかけることで、人の(霊的)成長を大いに助けてくれます。
アンダラは、私たちが地球にやってくる前からのいにしえの記憶にDNAレベルで作用する、
まさにアトミック(原子の)メディスン(薬)です!アンダラの色を選ぶこと、またその組み合わせに
よって、複数のアーキタイプ(原型)のヒーリングに効果をもたらします。

 · 細胞間の超伝導体としてはたらき、直接DNAに作用する
 · DNAレベルでの変容、進化を促し、意識を拡大してくれる。
 · 肉体とエーテル体をつないでくれる
 · ボディ、マインド、スピリット間のコミュニケーションをシンクロさせる
 · 健康を増進し、意識を拡大、シフトするのを助けてくれる
 · 宇宙にみなぎる聖なる知恵、宇宙的な知識へのアクセスを容易にしてくれる
 · 右脳と左脳をつなぎ、「全脳」状態を促進してくれる

 すると当然、チャネリングやサイキック能力も開花してくる・・・
とその他、いっぱいオマケ効果がついてくることになります。
何より、手にした瞬間にとてつもない至福感に満たされることだけで、もう十分なのですけれどもね。

 石に出会ったから目覚めたのか、目覚めつつあったから石に出会ったのかはともかく、
アンダラは他のクリスタルと同様、意識やエネルギーを増幅するようはたらきます。
他のクリスタルと少し違うところは、アンダラは、それを使っている人が自分の波動を上げて、
アンダラのより高い振動に同調でき、それを他へと仲介することができるなら、
もっと高い波動でもそれを増幅できるということです。

つまりアンダラはそれを持つ人の霊的成長に合わせて、奉仕する準備があるようなのです。
アンダラとともに瞑想したり、アンダラウォーターを飲んだり、いつも持ち歩いて触ったりしていると、
だんだん石と同調できるようになり、ヒーリングを行うための道具としてアンダラを使う能力も
磨かれてくるようです。


転載おわり インドネシア産のアンダラはドラゴンジュエルとネリーランドの中間という感じです。
Top